眠れない悩みの対処法ドットコム

眠れないときって身体も凝り固まっています

眠れないときは、筋肉などの身体の部分や
神経などの気持ちの部分が緊張している
事が多いです。

 

心も体もほぐれていないと安眠できません。

 

特に寝る前は一日の疲れやストレスが
最大限にたまっていて、発散することもなく
床につくことになります。

 

できれば、ストレスは解消して、身体の
筋肉もほぐしてあげると意外とすんなり
眠れるようになります。

 

極端な話、手を万歳するように上に
あげて

 

う〜んと伸びをする

 

だけでも違いますよ。


ストレッチの効果

ストレッチの具体的な効果にはどんなものが
あるのでしょうか?

 

血液の流れをよくする

 

ストレッチによって血液の流れをよくすることで、
一度上がった身体の中心温度(深部体温)が
ゆるやかに下がります。

 

そのときに自然な眠気がきます。

 

凝り固まった筋肉をゆるめてあげる

 

一日中デスクワークなどしている場合は特に
そうですが、同じ姿勢でい続けると

 

  • 肩こり
  • 腰痛

 

などの原因になってしまいます。

 

ストレッチを行うことで、血行をよくして、
身体の中にたまった疲労物質も取り除いて
あげることができます。

ストレッチをより効果的にするには?

ポイントは、やり過ぎて

 

  • 体温を上げ過ぎない
  • 疲れすぎない
  • 脳が覚醒するほど激しい動きをとらない

 

ことです。

 

ゆっくりと穏やかな動きを意識しましょう。

 

時間帯も大切です。

 

寝る直前だと脳は冴えてしまいますし、
身体の体温もなかなか下がらず眠気も
やってきにくくなります。

 

寝る前1時間までにはすませましょう。

 

できれば身体がほぐれている

 

入浴後

 

がおすすめです。

 

ハードな動きはおすすめしません。

 

息があがるとか疲れすぎるとかは
やりすぎです。

 

ストレッチしていて、

 

ああ気持ちいいな

 

と思えるくらいが最適ですね。