眠れない悩みの対処法ドットコム

眠れないときにはお風呂の入り方を考える

睡眠は毎日のことです。

 

ですので改善する方法もできるだけ
毎日摂っている行動によるものが
望ましいですね。

 

食事は毎日の行動です。

 

それ以外にもほぼ毎日とる行動が
あります。

 

入浴

 

です。

 

お風呂の入り方を見直すことで
ぐっすり眠れるようになるかもしれません。


睡眠に必要な正しいお風呂の入り方とは?

お風呂は一日の疲れをとるためと
清潔を保つためにあります。

 

過酷な仕事や家事、育児を終えて
ホッとできるリラックスの時間です。

 

そんな楽しみな時間を活用して
睡眠を質のいいものに変えられたら
すてきですね。

 

お風呂の入り方ってあるのでしょうか?

 

寝る前1時間は避けたほうがいいです。

 

それは温まった体温が下がりきらずに
なかなか眠気が来ないからです。

 

シャワーだけですませない

 

しっかり湯船に浸かることで身体が
芯から温まって、その後に体温が下がる
ときに眠気がきます。

 

お風呂の温度はぬる過ぎず熱すぎず

 

ぬる過ぎると身体が温まらないので、
体温もうまく下がらないし、眠気が
来ません。

 

逆にお湯の温度が高すぎると神経が
高ぶって興奮モードになってしまい
寝付けなくなってしまいます。

 

40度前後の湯船である程度
温まって、お風呂を出た後1時間
ほどしてから休むのがいいです。